· 

セロ弾きのゴーシュ/置き飾りインテリア

セロ弾きのゴーシュ Gorsch the Cellist
design©︎Marguerite Label

宮沢賢治先生「セロ弾きのゴーシュ/ Gorsch the Cellist」を主題として、インテリア作品を製作しました。サイズ約10cm×5cmです。玄関や飾り台、カウンターなどに置いて飾っていただけます。スタンドを外して額に入れることもできます。

story

ゴーシュは、町の活動写真館でセロを弾く係でした。

けれどもあまり上手でないという評判でした。それどころか、楽手の中では一番下手だったので、いつも楽長にいじめられているのでした。

 

ある日の練習で、楽長に思いきり酷評されたゴーシュは家でも練習をつづけています。

すると夜中に三毛猫がやって来ます。怒鳴るゴーシュに「シューマンのトロメライを弾いてごらんなさい。聞いてあげますから。」と言い、怒ったゴーシュは『インドのとらがり』という譜を嵐のようないきおいで弾き、三毛猫を驚かせます。

次の日の晩には、鳥が訪ねてきてドレミファを習おうとします。

その次の晩には、たぬきの子がゴーシュとセッションを、そしてまた次の晩には、野ねずみの親子が病気を治して欲しいとやって来ます。

音楽会当日、楽団の演奏は大成功を収めます。

観客の興奮冷めやらぬ中、アンコールに指名されたゴーシュは・・・・