ロミオとジュリエット

Romeo and Juliet /design©marguerite label
Romeo and Juliet /design©marguerite label

シェイクスピア戯曲「ロミオとジュリエット」Romeo and Julietを主題としてペンダントトップ作品を製作いたしました。

Romeo and Juliet /design©marguerite label
Romeo and Juliet /design©marguerite label
Romeo and Juliet /design©marguerite label
Romeo and Juliet /design©marguerite label

Design

14世紀中世のイタリアの住居をイメージしたフレームの中に、仮面、十字、窓辺のジュリエット、果樹園のロミオ、短剣と毒薬を描きました。

Story

 Romeo's first interview with Juliet  engraving by A. Smith  after painting by W. Miller
Romeo's first interview with Juliet engraving by A. Smith after painting by W. Miller

14世紀イタリアの都市ヴェローナ。

 モンタギュー家とキャピュレット家は争っていました。

モンタギュー家のロミオは友達たちとキャピュレット家のパーティに仮面をつけて忍び込みます。

そこでジュリエットに出会い、二人は恋におちます。

ロミオはパーティをあとにして、上階窓辺でのジュリエットを見つけます。

ジュリエットの独り言「どうしてあなたはロミオなの。。。」そしてロミオもそれに応えます。

 

その後、二人は修道僧の元で秘かに結婚してしまいます。

ロミオはジュリエットのいとこのティボルトとの抗争に巻き込まれ親友を失います。ロミオは怒りが収まらずティボルトを殺してしまうという不幸に見舞われます。

ジュリエットは、いとこを失った悲しみにくれ、ロミオへの愛と増悪が心のなかで戦いますが、ロミオへの愛が勝ります。

 

そこにジュリエットに縁談が持ち込まれますが、ジュリエットはロミオとの秘密の結婚を打ち明けることができず、修道士の入れ知恵で一時的に仮死状態になる薬を飲んで死んだことにしようとします。

 しかし、この計画はロミオに伝わらなく、ジュリエットが死んだと思ったロミオは、毒薬を飲んで自殺してしまいます。

 その直後に仮死状態から目覚めたジュリエットは、ロミオの短剣で後追い自殺をしてしまいます。

 

事の真相を知って両家は和解をすることになります。