ブログ  2016年4月

島の日々のくらし

ヨロン島旅行ブログ 映画めがねの舞台 たそがれ 得意かも
大金久海岸
ヨロン島旅行ブログ カーナビ利用 どこへいくにも10分程度です カーナビは不要かも!
島全体がカーナビ画面に収まってます

ヨロン島4日目 くもり時々晴れ

 

大金久海岸、今日もキレイです

 

メルシー体操しました

 

美しい島、おだやかな人々

 

地元の方々はとくに不便はないと


学校に通う可愛い子供たち

 

サトウキビ畑の傍のコーラ自販機横で、まっすぐ立って喉を潤す農夫のおじいちゃん

 

坂道で荷物を積んだ自転車をひく、おばあちゃん。

 

言葉を交わしてはニッコリと

 

心の通う挨拶

 

島内どこへ行くにも車で10分程度

 

A-coopだってあります

 

ちいさな真珠のように、こじんまりと輝く島、ヨロン島。

 

お世話になりました。また来るね。

 

みなさまも、ご関心があれば行ってみてくださいね。



 


島時間で読書

与論島旅行ブログ ヨロンパナウル王国 ヤドカリさん
与論島の地元住民 
ヨロン島旅行ブログ 海の窓ぷぅ 海の見えるカフェレストラン
「海の窓ぷぅ」さんから眺めて

ヨロン島3日目 くもり時々晴れ

 

今朝は、赤崎海岸の浜辺 サンゴや貝拾いをしていました。

 

なにか動いている (・_・;

地元住民?のヤドカリさん

 

だんだんと暑くなってきて、海の家 ?「味咲(みさき)」さんで、かき氷をいただいてクールダウンです。

 

今日の午後も、「海の窓ぷう」さんの窓辺で、のんびり読書をさせていただいています。

東野圭吾さんの新作推理小説(夢幻花)は、人物関係が複雑なので紙切れに書きながら読んでいています。


時折、大金久海岸に目をやりながら…


しばらくすると百合ヶ浜が出現して、ゆっくりと進むグラスボートが見えます。

 

毎日、こんな素敵な景色が目の前なんて素敵ですね。

 

 


島の景色

与論島旅行ブログ 百合ケ浜のサンドバー
百合ケ浜のサンドバー
ヨロン島 旅行ブログ プリシアリゾート 夕陽
プリシアリゾート 夕陽

ヨロン島2日目  くもりのち晴れ

 

30年前にお世話になった方に会うために、地元の方々に聞き込みをして、有力情報を教えていただきます。

 

お昼過ぎには、大金久海岸から船にのせていただきます、干潮時に現れる百合ケ浜に上陸です。

美しい砂模様を見ることが出来ました。

日本とは思えませんね!


午後は、大金久海岸沿いの「海の窓ぷう」さんでのんびりと読書です。

 

「プリシアリゾート」さんのプライベートビーチも素敵で、夕陽を観ながらの食事も最高です。

 

たくさんのお星様が綺麗にみれてよかったです。

 


ヨロンパナウル王国

与論島 ヨロン旅行ブログ 飛行機
与論島へ出発
与論島 ヨロンパナウル王国パスポート 外国?
パスポート入国手続き

ヨロン島1日目

 

30年ぶりの与論島です。


ブルブルと大きな音を出すプロペラ機で現地入りしました。


島内散策にバイクで出発するも。。。 

雨がパラパラと。(・_・;


ヨロンパナウル王国パスポートは、旅人の特典、各種施設割引パスになります。茶花エリアにある与論島観光協会さんで査証欄に入国スタンプを押してもらいます。



春のおでかけ

真鍮ブローチ 雲 京都 手づくり市 アクセサリー
雲 真鍮ブローチ

いい季節。春のおでかけ。いいですね。

 

山へ、海へと。

 

青く晴れるといいですね。

 

草原にぽっかり浮かぶ白い雲をイメージして

 

真鍮ブローチを創っています。


穏やかな日々に

ガラスの風船 京都 手づくり市 アクセサリー
ガラスの風船 

すこしづつガラスのさくひんを作っています。

 

ガラスの風船のうえにブルーとグリーンやベージュのドットを配して夏らしくなりました。

 

ペンダントネックレスに仕立てます。

 

熊本の被災地のみなさまが早く穏やかな生活に戻れるようにと願っています。


咲いた

ピンクのハナミズキ花水木
咲いた。小庭のハナミズキ

今朝の岐阜は雨。こちらは昨日、小庭のハナミズキを撮りました。

 

優しいカタチと色合い。

 

キレイ。


ふんわり水色クロス

京都 手作り市にて出店販売 手づくりガラス ガラスの十字 ネックレス用チャーム
ガラスの十字 水色

ガラスの十字チャームを創ってみました。

 

やさしい水色でふんわりとした感じになりました。

 

色が濃くなった本革紐と組み合わせて撮影してみました。

 

本革紐は使っていくうちに毛羽立てくるので、お手入れに自然の原料から作られた「ラナパー」っていうレザートリートメントが、おすすめです。表面がツルツルになって光沢がでます。詳しくはヘルプのページをご覧になってくださいね。


イメージをカタチに

京都 手作り市にて出店販売 手づくりガラス ガラスの風船作り ネックレス用ビーズ 
ガラスの風船つくり

今日の岐阜は、雨。


屋根裏からの雨音、ガスバーナーの音、そしてラジオが鳴っています。


頭の中のイメージをカタチにしていきます。 


写真はガラス棒を溶かしてガラスの外壁を作り終えたところです。中は空洞です。


ここからは表面を滑らかにして、模様付けを行なっていきます。ひとつひとつこんな感じで創ってます。


サンゴ礁と星砂の浜

京都 手作り市にて出店販売 手づくりガラス 星砂の浜辺とサンゴ礁をイメージ ネックレス用ビーズ 
星砂の浜辺とサンゴ礁をイメージ

こちらのガラスビーズは、サンゴ礁の海と星砂の砂浜をイメージして創ってみました。

オペラ型ネックレスに仕立てます。

 

さて、30年前に行った与論島では、島の東側の「関野荘」さんって民宿にて泊めていただき、朝ごはんを食べたあとは、毎日、徒歩で大金久海岸に行っていました。

砂浜から続くエメラルドグリーンの遠浅の海。その毎日の色の変化に飽きることはありませんでした。

 

そんな風景を思い出しながらビーズを創っています。


あやしい彼女

京都 手作り市にて出店販売 手づくりガラスのプリンセスネックレス グリーン
ガラスのプリンセスネックレス

多部未華子さんら主演の上映中の映画、「あやしい彼女」観てきました!

 

貧しくて貧しくてそれでも、愛娘や孫のために人生を過ごしてきた、73歳のおばあちゃん。

 

それなのに愛娘に理解されず、家出。...闇夜に明かりの溢れる写真館に立ち寄って...出てきたたら20歳の娘に..。

 

多部ちゃんの「変顔」、「歌」、「へんな踊り」満載!  感動( ; _ ; )/~~~っ、笑いのラブコメディ。

 

さて、こちらの作品は、プリンセスサイズの長さで胸元の素肌に上にチャームが乗っかるスタイルです。

 

映画「あやしい彼女」ホームページhttp://ayakano.jp/(2016/4時点)

 


アンティークお月様

手づくり お月さま真鍮チャームネックレス 京都 手作り市
月チャームと濃くなった革紐
手づくり お月さま真鍮チャームネックレス 京都 手作り市
裏面はご希望アルファベットで刻印してます

お月さまチャームネックレス、私たちも着用しています。使い込んでいくと写真のように革紐はナチュラル色から焦げ茶色になっていきます。本物のアンティークになっていい感じです。革紐の新品交換(¥300)も賜っていますので手作り市にいらしたときにお持ち込みくださればとおもいます。

お月さま創ってます

真鍮さくひん研削作業
研削作業

NHKさん朝の連ドラ、今日から「とと姉ちゃん」。宇多田ヒカルさんの主題歌♪「花束を君に」。。いい感じです。

 

さて、4月15日(金)の百万遍さんの手づくり市は、抽選漏れで、お休みになりました。ゴメンナサイ!

次回わたしたちの出店は5月15日。ひさびさの日曜日の開催です。

お待ちしてます!

 

写真は、人気のお月さま真鍮チャームを創っています。(*^o^*)


東洋のミコノス島

ヨロン島1986年9月当時の写真 与論島 ギリシャ ミコノス島 姉妹都市 ブログ
ヨロン島1986年9月当時の写真

学生の頃、夏の与論島(ヨロン島)で2週間近く滞在していたことがあります。

 

島全体がサンゴ礁が盛り上がってできた美しい島です。あんまり知られていないですがギリシャのミコノス島と姉妹都市になっています。

※(・_・; 都市じゃないけど。

 

また、何年か前に、映画「めがね」のロケ地になりましたよね。

 

なんにもないけど、綺麗な海とサンゴの砂浜、サトウキビ畑、そして人情あふれる地元の人達の村です。

 

30年ぶりに行こうと...計画しています。


だれの家?

京都手づくり市 イラスト ムーミンの家?
おうちイラスト

こちらは真鍮チャーム作品「たてながおうち」用のオリジナルの絵。

 

もともと、この作品は頭ん中にあったおうちをイメージして創り始めたんですが、「ムーミンの家」みたいなので、まあそういうことでもいいかなって思ったり。いやいや、もともと頭ん中にあったのがムーミンの家だったのか? 自分でもわからなくなってしまいました。

 

ところでムーミンって妖精ってご存知ですよね。子供のころは、わたしもカバの一家だと思っていました。

 

ところでニョロニョロは何(・_・;)?