ブログ  2015年2月

お道具

DIY/ツールづくり
DIY/ツールづくり

きょうはガラスのビーズやチャームをカタチ創るバーナーワークの道具についてです。 


道具は種類が増えると使い分けが面倒になったりしますので、最小限の種類で作品つくりをしています。使いやすさを考えると市販汎用工具では...ってこともあります。


そんなこともあって、今日は市販品を改造して道具づくりを...時間をかけてやっていました。


使い心地は『まあまあです。』と...自分に言い聞かせております。


森のなか

holy / 神聖
holy / 神聖

今日はしとしとと雨。今日は、わたしたちの好きな場所「上高地」のこと。


なにか神聖なるものが宿る不思議なエリア。


昼間は観光客で賑わいますが、森の闇夜、そして黒い森の夜明けと。その時間は怖いくらい静かな時がながれます。


そしてその森は初夏にむけて緑豊かになり...この作品が出来上がった今日、そんなことを想っていました。


cloud /くも
cloud /くも

今日は相方の好きな八木重吉先生の詩からです。


「 くものある日 くもは かなしい...くものない日 そらは さびしい」。


はじめてその詩を聞かされたときには、なんて感傷的な詩だろうと想いました。


こちらの作品は、雲、空、水をイメージした配色で創ってみました。


アンティーク

antique / アンティーク
antique / アンティーク

ガラスのチャームの製作は、うまくいかないこともあります。


写真の作品はバーナー作業中に発生するススがガラスの表面に。そしてこのカタチにありがちなヒビもはいってしまったため、お客様のもとへは行かない作品です。


ですが、わたし的にはアンティーク感があって好きな作品です。こんな世界観もあっていいかなって想っています。


春いちばん

green opera/たくさんビーズと十字
green opera/たくさんビーズと十字

今日は街角でピンクの大きな花柄のジャケット、ブルーのパンプスで春ファッションを楽しむ女性をみかけました。


今朝のニュースでも『春一番』が吹いたって言っていました。冬の間は北風ですけど、ようやく東南から暖かな風がやってきた。だから春の訪れが近いってお知らせのようです。


素敵な表現ですね。


お仕立てしています

making/アクセサリーへの仕立て
making/アクセサリーへの仕立て

今日は空がくもっています。そんな中、金具の整理を。


出来上がったガラスのチャームやビーズをアクセサリーのカタチにするために、たくさんの種類の金具を使っています。小さな金具って在庫数の把握していないと必要なときに無いってなっちゃいます。


仕切られたパーツケースを覗いてみて少なければ...そろそろ手配しなくてはと...。


そして今日も一着のお洋服をお仕立てするようにアクセサリーを創っています。


幸福にエメラルド

emerald glass/幸福にエメラルド
emerald glass/幸福にエメラルド

ここんところ日中はちょっと暖かな感じですね。


ガラスビーズの作品つくりではちょっと先の季節をイメージしながら製作をしているんですけど、今日は5月の誕生石でもある「エメラルド」をテーマにネックレスを創ってみました。


エメラルドって、やや強いグリーンでシャープなイメージがありますが、乳白色のビーズをつくって組み合わせることによってちょっとソフトな雰囲気に仕上がったとおもいます。


あおぞらのもとで

white beach under sky /青空のもと
white beach under sky /青空のもと

今朝は東北地方で大きな地震が...みなさま大丈夫でしょうか。


今日の作品は、南の小さな島、空、雲、白い砂浜をイメージして創りました。こうしてブログを書きながら若い頃の海の想い出を浮かべています。


感謝がいっぱい

special thanks/ありがとうございます
special thanks/ありがとうございます

昨日は京都マラソンの日。百万遍さんの手づくり市に出店していました。ご来店いただきありがとうございました。


お得意様をはじめとして外国の方もいらっしゃって、私たちの屋号も"Oh,マーガリートレーベル,カンパニーネーム?”って聞かれて、


まあ、会社名って立派なもんじゃないし...なんて応えようかなって、年甲斐もなく、はにかんでおりましたら、OKっOKって感じで作品選びに移っていきました...表情や間で気持ちや言いたいことが伝わるんですね。


春色グラデーション

leaf & stream /春
leaf & stream /春

冬のあいだは出店があまりできなくて申し訳ございません。の〜んびりと、アレコレ考えて作品つくりをしています。


やっと明日は、百万遍さんの手づくり市に出店しております。


こちらのビーズ作品は、ちいさな小川、木の葉をイメージして色の変化を楽しんでいただきたいなって想って創ってみました。


ひなまつりの季節

sakura/さくら
sakura/さくら

2月も半ばとなって、デパートでは雛祭りの飾りつけや、人形販売がピーク終盤となってきていますね。


桃の節句。お内裏様とお雛様。サクラ色や白、よもぎ色がキレイな菱餅と雛あられ。


そんなことを想いながらサクラ色の十字チャームのネックレスを創ってみました。


空と雲

sky and white cloud /空と雲
sky and white cloud /空と雲

今朝の寒さのなか工房で頑張っておりましたら段々と体調が...


さてこちらの作品は青色系のクロスチャームネックレスです。ゆっくりゆっくりと時間をかけてバーナーで製作しています。光があたると写真のように空色に近くなってキレイです。


ちいさなタカラモノ

jewelry orange  /オレンジ
jewelry orange /オレンジ

ちいさくて、とってもシンプルなオレンジ系カラーのビーズを創って、リッチ感のある金色チェーンでネックレスにしてみました。


大切な時間の彩りに

climbing plant/ガラスの蔓草
climbing plant/ガラスの蔓草

わたしたちの観たい映画で二代目洋裁屋の人生を描く、中谷美紀さん、片桐はいりさんら主演の『繕い裁つ人』。


わたしの実家はもともと婦人服をつくる仕事、相方の叔母も洋裁屋とお洋服をつくる人たちの姿をみてきました。


映画の予告で、主人公のかたくなにひとりひとりのお客様とむかう姿、『ワタシに創らせてください。一生着続けられる服を...』のセリフが、じ〜んときてます。


ガラスの蔓草

climbing plant/ガラスの蔓草
climbing plant/ガラスの蔓草

今朝は工務店さんと自宅兼工房の外壁補修の打合せ。日だまりは少しあたたかく気持ちの良い日でした。


ふと目をやった庭木の芽にも春の準備がみえました。さて今日は『ガラスの蔓草(つるくさ)』ってテーマに取り組みました。


淡いブルー系と乳白色のビーズをいっぱい製作してネックレスにしました。


線と点のダンス

two line&dots/二本線と点
two line&dots/二本線と点

このタイトルをつけながら...若い頃は松本清張先生のミステリー作品が好きで、よく読んでいたことを思い出します。


あれは『点と線』ですけど。


こちらのチャームはドロップチャームをつくって、色違いの線をクルクルって巻いて、最後にホワイトの点をつけました。


全体にちょっと曲がってしまいましたが、それはそれで、なんか可愛い感じになりました。


若草色の十字チャーム

bright green charm/若草色チャーム
bright green charm/若草色チャーム

テレビ番組『世界の果てまでイッテQ』ってご覧になられていますか。


この前はロッチ中岡さんのフィンランドの旅、大笑いしてました。あれだけ体を張って仕事ができる芸人さんって凄いです。


笑えますけど、なんとなく前進するエネルギーや元気をもらってます。


写真は昨日の作品に紐をつけてネックレスに仕立てたところです。黄緑ベースですが、クリアガラスをコーティングしているのがわかるといいんですけど。


やさしくおそうじ

washing with water/水洗い
washing with water/水洗い

昨晩は寒かったですね。真夜中に床冷えで目が覚めました。


温かーいカモミールティーをいただいて、また寝ましたけどね。


こちらの作品も春らしい色つかいで創ってみました。バーナーで製作後は1日半ほどかけてゆっくりと徐冷したあと、写真のように外側とホール部分をやさしく水洗いしています。この時に割れやひびが入っていないかチェックもしてます。



ガラスのしずく

drop pop/ガラスのしずく
drop pop/ガラスのしずく

今日は風がつよくて寒かったですね。NHK朝ドラ「マッサン」高視聴率で人気ですね。


今週は俊兄(としにい)が熊虎さんの娘ハナに恋して...の話です。ハナ演じる小池栄子さんの芝居っていいですね。


今日の作品は、「かわいいガラスのしずく」ってテーマでドロップ型。ボトムに水色を配して、小さめのホワイト水玉模様をつけています。


いとおしくて

brookie and her lamb/ブルッキーのひつじ
brookie and her lamb/ブルッキーのひつじ

今日から2月。ちょっと部屋の片付けをしながら、児童文学や絵本の好きな相方の蔵書から。


ブルッキーのひつじさんは、うたをうたっても、ほんをよんでも、「めえ めえ めえ」。みみの後ろをかいてあげても「めえ めめ めえ」だけど。ブルッキーはひつじさんが大好き。ぴったり、よりそった...


アメリカの作家Marilyn Brooke Goffsteinさんが夫へのラブレターを絵本にした作品で、谷川俊太郎先生が日本語訳をつけています。